●TPP

環太平洋戦略的経済連携協定いわゆるTPPの日本参加について
最近良くニュースで耳にすると思います。
農業が保険等について様々な議論が交わされて いますが、
ニュースで取り上げられる農業や保険以外にも
著作権という項目も議題の中には存在しているのです。

著作権の中でも著作権を侵害した際の非親告罪化が重要です。
著作権は何となく理解できる人も多いかと思いますが、
非親告罪と言う言葉はあまり聞きなれない言葉なのではないでしょうか。
非親告罪とは、告訴がなければ公訴を提起することができない犯罪の反対の事です。
告訴が無ければ公訴できない犯罪とは、その事実が公になってしまうと、
被害者に不利益が被る恐れのある犯罪のことで、
例えば強姦罪や名誉棄損罪などがあります。
一方で被害者の告訴なしで公訴を提起できる殺人罪や傷害罪が非親告罪です。
TPP参加により著作権侵害が非親告罪となった場合、
作者から告訴がなくても検察官が勝手に公訴出来てしまうのです。

最近ではコスプレイヤーの間でこの話題が持ちきりの様ですが、
実際に弁理士からこの問題を見た時にはあまり大きな問題が無いとのことですし、
更にまだ締結していませんので、何の気兼ねもなく
思い通りのコスチュームに身をまとう事が出来るのです。
コスプレしたいけど、問題になったらどうしよう、と躊躇していた人もいるかもしれませんが、
安心してコスプレを楽しんでほしいと思います。
こんなに楽しいコスプレなのですから、世界中の多くの人に知ってもらいたいですね。